QUALITY エムズのこだわり

04 商品部 パタンナー お客様の想いとデザイナーのこだわり。
両方を反映する

わかりやすく、
縫製しやすいパターンを作る

 私はパタンナーとしてユニフォーム作りに携わっています。パタンナーはデザイナーのデザインを元に、工場で使う型紙に起こしていく仕事。また出来上がった製品チェックなども行っています。
 ユニフォームはアパレルと違って、同じものを何年にもわたって作らなければいけません。それに現在では自社工場のみならず海外工場に発注をすることもありますので、どの工場で作業をしても同じものが出来上がってくるように配慮しなければならない。そのため、型紙作りは世界中の誰がどう見ても目で見てわかるように心がけています。また、パターンは複雑な縫製にするのではなく、簡単に縫えるようにするというのも大切。できる限りわかりやすく、作りやすいものにすることがパタンナーとしての務めだと思います。

お客様の想いに寄り添いつつ、
プロの視点を織り込む

 パタンナーはデザイナー、工場、お客様の間で仕事をしています。そのためデザイナーのこだわりを残しつつも、いかに縫製しやすく、着やすいユニフォームに仕上げるかがとても重要。アパレルとは違ってお客様の意向が反映されやすい分野ですが、プロの視点でこうした方がいいという見方もあります。相手に寄り添いつつもこちらの考えを加味し、最善のものを作る姿勢を大切にしています。
 そのような工程を経て製品を作り、お客様に喜んでいただけたときは本当に嬉しく思いますね。かつて私が携わったプロジェクトにおいて、完成したユニフォームを従業員が着用したときに、先方の担当者が感動して涙ぐんだことがあります。その姿を見て私もとても感動しました。お客様、そして私たちの想いの結晶となったのがユニフォーム。仕事を進めていく上で大変なことももちろんありますが、喜んでいただけたときの達成感は感慨深いものがありますね。

風通しが良い環境。
だから高品質を追求できる

 当社の特徴はすべてをワンストップで行える体制を整えている点と、お客様と直接やりとりができる点。企画から製品化までを社内で一貫してできるため、お客様の考えや想いが反映されやすい環境にあると言えます。また風通しが良いのも大きな特徴。若手のメンバーがベテランに対して意見を言えない、ということもあまりなく、各々が自身の考えをきちんと伝え、仕事に精一杯向き合える環境があります。
 そうしたなかでユニフォーム作りを行うからこそ、高い品質を追い求めることができます。そして、出来上がったユニフォームをお客様に喜んで着ていただき、さらにそれを見た方々も憧れや良いイメージを企業に対して抱いていく。そんなポジティブな連鎖が続くユニフォーム作りを、私たちから始めていきたいと思います。