MS RECRUITING SITE

INTERVIEW 社員インタビュー

01 本社営業部

「お客様の思い」を
読み取れる
営業になりたい
心に残った、
社員の細かな気遣いや対応

 大学では衣類を中心として、衣・食・住における生活環境の改善について学んでいました。将来は身につけた知識を活かせる会社で働きたいと思ったのが、エムズを志望したきっかけです。
とは言っても、業界に関して知見があったわけではありません。「ユニフォームを作っている」というコーポレートサイトの説明を見た時に、こんな仕事があるんだと驚いたことを覚えています。
 そこで興味を持って選考を受けたのですが、一番印象的だったのは説明会や面接での社員の対応でした。小さなことですが、お茶がきちんとソーサーに置かれてでてくる。オフィス内を通ると、全員が「いらっしゃいませ」と元気よく挨拶をしてくれる。「すごく感じが良い!」と思いましたね。雰囲気の良いこの会社で働きたいと、強く意識したことを覚えています。

先輩からもらった言葉を、
今も糧にしている

 部署の先輩や上司には日々たくさんのことを教えてもらっています。また優しい方が多いので、悩みがあると話を聞いてもらい、アドバイスをもらうこともありますね。
 忘れられないエピソードがあります。私は入社直後、「同期に遅れたくない」という気持ちを持ち仕事に臨んでいましたが、なかなか思ったとおりに仕事ができないことがありました。「同期はどんどん前に進んでいるのに、なんで私だけうまくいかないんだろう」と落ち込んでいましたね。そのとき、思い切って先輩に相談をしてみたのです。
 そうしたら、「人それぞれできることは違う。あなたはあなたで、他の人にはないこういう素晴らしいところがある。自分のペースで、目の前の仕事に一生懸命取り組むのが大切だよ」と言ってくれたんです。その言葉で気持ちが楽になりました。今でも壁に当たったときには、その言葉を思い出しています。

自分の努力が形になって、成長した実感を得た
自分の努力が形になって、
成長した実感を得た

 入社してから数ヶ月後のこと。先輩との営業同行で、「商品説明をしてください」と言われ、お客様に初めて説明をしました。つたない言葉でしたが、ユニフォームの形状や仕様について一生懸命に話をしたところ、商品を手に取りながら「そうなんだ」と言ってくれたり、深く頷いたりして聞いてくれたんです。「練習してきた説明が伝わった」「少しずつ成長してるかも」と思い、とても嬉しかったですね。
 今の私の目標は、先輩方のような一人前の営業になること。ひとりでお客様を訪問し、相手が何を望んでいるか、またその裏側にあるユニフォームにかける思いや、お客様自身が気づいていないニーズなどを読み取れるようになりたいです。まだまだ未熟な私ですが、先輩や毎日の仕事から学ぶことで、一歩ずつ着実に成長していければと思っています。

Other Interview