MS RECRUITING SITE

INTERVIEW 社員インタビュー

05 名古屋営業所

ユニフォームは投資。
その価値を伝えるのが、
私たちの役目です
お客様を好きになるから、
お客様の立場になって考えられる

 メーカーでありながらも販売代理店を通さず、お客様に直接商品をご案内することができる。そんなエムズの特徴に惹かれて入社を決意しました。直接やりとりをするのは面白みがあり、非常に多くのことを学ばせていただいていますね。
日々営業を行う上で一番大切にしていることは、お客様を好きになるということ。好きになれば自然と興味を持つので、関連情報を積極的に調べたり、求めていることを想像して理解できたりするようになっていきます。
 それに加えて、「いただいた仕事は何がなんでもやりきる」ということも大切にしている点のひとつ。仕事をいただくということは、数多くの企業からエムズを選んでいただいたということですから。その期待には必ず応えられるよう、努力をしています。

思いを乗せたユニフォームだから、
本当に役立つことができる

 ユニフォームは消耗品であり、経費だと捉えられることがあります。しかし、本当にそうでしょうか。そう思ってしまうのは、私たち営業マンがその価値を伝えられていないからかもしれません。
 実際、きちんとユニフォームの価値を伝え、お客様の良いパートナーになることができれば、経費ではなく「投資」と見ていただけるようになります。私もたくさんのお客様のご支援をしてきましたが、「時間をかけて作って本当に良かった」という声をいただいたり、エムズさんを紹介したいと他部署や他社にお声をかけていただいたりすることもあります。経費と捉えれば単なる消耗品。しかし本当は、企業のカラーやブランドを伝える重要な役割を担うのがユニフォーム。お客様、そして私たちの思いを乗せたユニフォームを作ることで大きな価値が生まれ、本当に役に立つことができると私は考えています。

まずはなんでもやってみる。そこから学ぶことがたくさんある
まずはなんでもやってみる。
そこから学ぶことがたくさんある

 後輩や、これから入社してくる方に伝えたいのは、「まず何でもやってみるのが大事」だということ。失敗を決して恐れてはいけません。もちろん思うように結果がでないこともあるかもしれませんが、高い目標を掲げて努力をすれば、大きな成長につながります。それにお客様から見たら、1年目も10年目も同じエムズの社員。早い段階で新入社員という肩書きを外して、プロ意識を持ち挑戦をしていってほしいですね。そうすることで、3年後、5年後の成長が大きく変わってきます。
 そして何よりも大切なのは、楽しんで仕事をするということ。エムズの営業は、人と話すことが好きであればきっとうまくいきます。どんなにテクノロジーが進化しても、人間同士のコミュニケーションは変わりませんから。楽しみながら仕事をして、一緒に大きく成長していきましょう。

Other Interview